妊娠中も産後も・・・

5c6e5a2201658adfc003edf9170190ae_s

妊娠中に便秘になりやすいというのは、よく聞く話です。

お腹に赤ちゃんがいると、お腹が大きくなって腸が圧迫されるので、便秘になると言うのはなんとなく分かると思います。

しかし、実は産後も便秘で悩む人ってけっこう多いんですよ。
私自身、妊娠中はかなりの便秘に悩まされましたが、出産してこれでもう便秘から解放されると喜んでいたのも束の間、今度は産後の便秘に悩まされてしまいました。

原因は、赤ちゃんに母乳をあげることで体内の水分が減少したことがあります。
確かに、赤ちゃんが母乳で食事も水分も済ませていることを考えると、もっとたくさん意識して水分を飲まないといけないんですよね。

だから、意識的になるべく水分をたくさん飲むようにしました。

それから、妊娠中に痔になったことも原因にあります。

出産直前に痔になってしまい、産後2週間で元通りになったのですが、トイレで踏ん張ってしまうとまた痔になるのではないかと思うと怖くて、あまり踏んばろうと言う気持ちになれずに自然にスムーズな便通がくる時だけ排泄していたことで、いつもの排泄のリズムが崩れてしまったんだと思います。

あともうひとつ、妊娠前は毎日2時間はウォーキングしていたのが、妊娠中は体に無理のない程度にゆっくり歩くくらいしかしていなかったので、筋力が落ちてしまったこともあるようです。

あまり急激な負荷は出産後の疲れた体には良くないので激しい運動はしませんが、ストレッチを日課にして少しずつ腹筋を鍛えるようにしました。

こうして自分で思いつく原因に対してひたすら対処することで、なんとか産後一か月くらいで便秘になることは滅多になくなりました。

関連記事

ページ上部へ戻る