妊娠中の便秘に心掛けたこと

和食

私は、妊娠中、便秘でした。
本で読むと、妊娠中は、ホルモンのバランスが乱れ、便秘に悩む人が多いようです。
便秘薬を飲むのはいやだったので、食事を気を付けました。

繊維質が多い食品をメニューに入れました。
ごぼうやひじき、さつまいもです。
和食中心になりました。

朝は、パン食だったので、美味しい果物を取りました。
特に効果があったのが、バナナです。
バナナは子供のころから良く食べていたので、妊娠中もよく食べました。
つわりのときもあまり気になりませんでした。

ほかに、食べたのが、ヨーグルトです。
友人は、便秘でお医者さんに行って、ヨーグルトの粉末をもらったようでした。
ヨーグルトにフルーツを入れるととても美味しいです。
オレンジやバナナ、いちご、毎日変えてみました。

飲むものは、カフェオレが好きでした。
妊娠中、コーヒーはどうなのかわかりませんが、カフェオレは便秘に効果があります。
ただ、牛乳を入れ過ぎると、カロリーも取り過ぎになります。
低脂肪の牛乳を使うほうがいいと思います。

南雲先生のおすすめの、ごぼう茶ですが、便秘にはいいかもしれませんが、私はお腹がゆるくなりすぎます。
できれば、ごぼうの料理を食べたり、お味噌汁に入れるといいと思います。
ごぼうのいい香りにはいやされました。

運動はほとんどしていません。
そのかわり、安定期になるとできるだけ歩くようにしました。
散歩ですね。
無理はしないでゆっくり歩きました。

もし、不安なことがあれば、医師に相談してからやってみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る