妊娠中の便秘の原因と対策とは?

3d human - pain

妊娠中、便秘に悩まれる妊婦さんは多いです。
この妊娠中の便秘の原因は、大きく二つに分ける事ができます。

一つは、女性ホルモンが原因となっています。

妊娠中に、女性は、黄体ホルモンと呼ばれる大腸のぜん動運動を抑制する働きを持つホルモンの分泌が活発になるのです。
腸のぜん動運動が抑制されてしまと、腸の中で便が滞りやすくなったり、腸壁から水分が吸収される為、便が硬くなってしまい、ますます、出しづらい状況になってしまうのです。

二つ目は、お腹の中では、赤ちゃんが育っています。

赤ちゃんの成長によって、腸が子宮に圧迫されてしまう事も、便が滞りやすくなってしまう原因の一つです。

また、つわりが酷い時期は、食事の量も減ってしまう事、運動量が妊娠前よりも減ってしまう事も頑固な便秘を起こしてしまう原因です。

では、どうすればよいのでしょうか。

産婦人科のお医者さんに相談して、下剤を使う事も一つの案です。
妊娠中の薬剤の服用は心配ですが、多くの妊婦さんが、産婦人科で下剤の処方を受けています。
恥ずかしがらずに、産婦人科の待合いで同席した妊婦さんに訊ねてみる事も良いですね。
体験者の口コミに勝る情報はありませんから。

どうしても、薬剤の服用に抵抗がある方は、オリゴ糖をとるなどして、腸内環境を整える事が必要になります。

関連記事

ページ上部へ戻る