妊娠中、便秘になりやすくなる原因は?

妊娠中に便秘になりやすくなるのはホルモンの関係や、胎児が大きくなった時の人体構造上仕方無い部分があり体調も壊しやすくなり注意が必要です。

妊娠中の便秘に関しては医学的に原因が明確で、まずは妊娠によって活発化する黄体ホルモンの影響で、大腸のぜん動運動が弱くなってしまいます。
腸はぜん動運動の収縮によって便を排泄しますが、それが難しくなって腸に溜まりやすくなるので便が固まってしまって出にくくなるのです。

その上に、胎児が育って行くほど子宮が腸を圧迫するので便の通りが悪くなりやすいという特徴があります。他にもつわり時期というのは食事量や運動量が減るので便を作る力が低下して、排便の回数が減るので、妊娠中は便秘をしやすくなる環境なのです。

そこで妊娠中は便秘をしやすくなるという事を知っておけば対策の打ちようもあります。
何も知らずに便秘ばかり起こしていると不安ですから、妊娠中は腸の環境を崩しやすいからこそ、腸内の環境を整える為に食事等を変えてやるのは有効です。

特に食物繊維を沢山取って排便を促しやすくしてして、逆に腸内環境を悪くする油モノや菓子パン等は避けて過ごすのは大切です。

腸内環境を整える事で便秘は防げるので、食事の見直しを行うのは良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る